当事務所では可能な限り裁判にせずに任意交渉による滞納家賃回収・建物明渡しをご提案しています。

弁護士や司法書士に滞納家賃回収や建物明け渡しを相談すると裁判を起こすことを前提として話が進むことが多くあります。

しかし,安易に裁判にすると解決までの期間が長期化してしまいますし,訴訟費用や弁護士報酬・司法書士報酬も割高になってしまいます。

それに,まだ任意交渉の余地があるにもかかわらず裁判を起こしてしまうと,相手方との関係が感情的な問題となり話が一層こじれてしまうという懸念もあります。

そこで,当事務所ではまずは任意交渉による解決の途を可能な限り模索するという方針をとっております。

当事務所から無理に裁判にすることをお勧めすることは一切ありません。

裁判のコストがご心配な方はぜひご相談ください。