相談員の石川です。

当事務所に持ち込まれる家賃滞納案件の多くは「半年以上家賃を払ってもらえていない」というものです。

ひどいケースでは数年間も未納が続いているという相談もあります。

家賃を払ってもらえないという状況になって最初の1か月で「それじゃすぐ出てってくれ」という大家さんはあまりいません。

大家と言えば親も同然…ではありませんが,「すみません。来月には必ず払うので待ってもらえませんか」と丁寧に頭を下げてお願いされれば人情もありますから,よほどのことがない限りは「1か月くらいなら待ちましょう」ということになるのではないでしょうか。

しかし,悪質な滞納者は払わずに済むものはいつまでも払いません。

1か月,2か月と待っていても滞納分どころか翌月分の家賃すら入ってこないという事態になると大家さんも焦ります。

ところが滞納者に何度催促をしても,さまざまな理由をつけては「来月まで待ってほしい」と同じセリフで話が終わってしまい滞納は一向に解消されません。

こうして毎月,滞納者の言い訳につきあっているうちにあっという間に半年ほど経過してしまい,もはや自力での解決は難しいとみてご相談に来られるケースが多いのです。

大家さんからの催促の手紙ぐらいではなかなか支払いをしない滞納者も,依頼を受けた専門家からのコンタクトには応じるケースはこれまで多く見ています。

半年以上滞納が続いているのであればその後も自然回復の望みは薄いと考えて,早めに滞納解消のための手立てを考えた方が良いと言えます。

いたずらに時間を浪費せず,ぜひお早めに当事務所へご相談ください。