相続後に通帳を確認したら家賃が1年以上入っていなかった!

こうしたケースであわてて相談におみえになる方がそれなりに多くいます。

家賃滞納の常習者というのは督促がなければ家賃など支払わないものですが,相続のゴタゴタで請求出来ずにいるとこれをいいことに支払いを怠るのです。

中には「先代に家賃を免除してもらった」などと虚偽の申告をして家賃の支払いを免れようとするケースもあり,当事務所でもこれまで同種のご相談は何度も受けています。

もちろんこんな主張は通りませんのできっちりと滞納分全額を払ってもらうことになるのですが,悪質な滞納者と渡り合うには慣れない大家さんには重荷のようです。

そんなときはぜひ当事務所にご相談ください。
当事務所では,滞納家賃の請求のみのご依頼の場合は着手金無料で承っていますからご依頼頂くことで費用倒れになることはありません。

また,当事務所は司法書士事務所ですから,物件の相続登記なども併せて行うことが可能であり,滞納家賃請求や建物明渡請求とあわせてご依頼頂く場合は不動産の名義変更手続きについては費用を抑えてお引き受けさせて頂いております。

相続後の家賃滞納問題でお困りの場合はぜひ当事務所の無料相談をまずはご利用ください。