現在賃貸経営をされている方々の中には昔ながらの地主さんのほか,投資用物件としてマンションを購入したサラリーマン大家さんも多くいます。

そういったサラリーマン大家さんが家賃滞納問題に直面すると困ったことになります。

 

サラリーマン大家さんは賃貸経営に専念されている大家さんと違い別に仕事をされていますので,滞納についての督促や裁判をするという時間がなかなか取れません。

よって,家賃滞納が自然に解消しない場合は司法書士や弁護士などの専門家に依頼せざるを得なくなる方が多いのですが,その際に問題となるのが着手金などの初期費用です。

一般に,建物明渡しに関して依頼をしようとすると着手金として10万円~20万円程度のお金を支払う必要があります(当事務所でも6万円を着手金として頂いています)。

しかし,サラリーマン大家さんは決して裕福な生活をしている方ばかりではありませんから,着手金の用意が出来ないという方も少なくありません。

場合によっては家賃滞納のせいでローンの支払いを滞納しているという方までいます。

着手金の支払いが障害となって法的サービスを受けられないという方が意外に多いのです。

 

このようなときに力になってくれるのが法テラスです。

法テラスでは,資力が十分でない方のために法的サービスを受ける際の費用の立替え制度を提供しています。

当事務所の司法書士は法テラスの契約司法書士であるため,要件に合致する方は本制度の利用が出来ます。

法テラスの利用の場合は着手金等の初期費用は無料となり,最初のご負担はありません。

また,報酬の支払いは法テラスに対して月5000円~1万円程度の無理のない形での分割払いとなるため,その点のでの負担も軽くなります。

更に,報酬額は法テラスが決定するため客観的な報酬額でのご依頼が出来ます(もっとも,当事務所では法テラスの報酬基準に近い形の報酬額を設定していますからこの点でのメリットは低めです)。

 

このように,法テラスの利用は様々なメリットがありますので,要件に合致する方は活用すると良いと思います。

なお,法テラスの費用立替え再度利用には審査があります。

審査といっても原則は書類審査であり,書類作成は当事務所で行いますから煩わしいことはありません。