物件の成約率を高めるために,フリーレントを活用するのは非常に効果的です。

しかし,初期費用を低くしたり,敷金礼金をゼロにしたり,フリーレントを導入したりするとどうしても質の悪い入居者が集まりがちになります。

特に困るのが始めから家賃をまともに払うつもりのない入居者です。

そういう入居者は,始めから家賃を入金する気は全くなく,フリーレント期間が終わってからも督促があるまで,あるいは訴訟を起こされるまでは無視を決め込みます。

大家さんにとっては非常にやっかいな相手です。

残念ながら,こうした相手を入居させてしまった場合は家賃の支払いを任意にさせることは出来ないと思った方が良いでしょう。

始めから家賃をまともに払うつもりはなく,出て行く必要が生じたら次の入居先を探し,また滞納を繰り返すような相手ですからこのような相手に対し労力をかけて交渉しようとしても時間の無駄です。

何度も支払いの延期を申し入れられ,時間稼ぎをされてしまうのがオチです。

こうしたケースにおいては,すぐに専門家に依頼して出来る限り早く法的手続きを執ることをお勧めします。

滞納が長期化するよりは,早期に退去してもらって損害を最少にすることを考えるべきでしょう。