家賃滞納を理由として立ち退きを求めていく場合は,回収は二の次と考えて早期に物件を明渡してもらうことが重要です。

お金がない入居者に対して「家賃をすぐに払ってそして出て行ってください」と不可能なことを要求するのでは問題が長期化するばかりだからです。

 

大家さんによっては,転居費用があるのなら家賃を払ってもらいたいとのお考えもおありでしょうが,私たち実務家の意見は違います。

転居費用があるうちに出てもらった方が損失が少なく済むのです。

 

家賃滞納は多重債務を原因とすることが一番多いですが,これによる場合必ずといって良いほど繰り返し滞納が起こります。

そして,きれいに滞納を解消して退去していくということは少なく,2~6ヶ月程度の滞納が残ります。

場合によってはここまでで弁護士や司法書士の報酬,執行費用などで数十万円の費用がかかるでしょう。

更にそれだけでなく,後日その元入居者が破産するなどして滞納分は回収不能となることも珍しくありません。

また,決めつけるのは良くないですが,滞納を繰り返すような人はルーズな性格を反映してのことか物件を汚く使う傾向がありますから,その点でも大家さんの負担が大きくなります。

 

以上のことから,2~3カ月の滞納はあるものの転居費用は捻出可能という状況であれば,家賃の支払いは後回しにしてまずは退去してもらうべきと考えます。

なお,退去時には,転居先がどこなのかに加え勤務先が変わっていないかなど入居以降に変更がある情報がないかしっかりと聞き出し,滞納賃料の支払い方法などについては覚書(金額が大きい場合は公正証書)を作成するなどして債権の保全をしておくべきでしょう。