家賃の安い物件について家賃滞納が起こると大家さんとしては頭の痛い問題となります。

例えば月額賃料10万円超の物件であれば,滞納が3ヵ月程度になり支払われる目途も立たないとなれば,すぐに弁護士に相談となりやすいのですが,月額賃料3万円程度の物件となると滞納3ヶ月といっても10万円に満たない滞納額ですから,この状況で高い報酬を払ってどうにかしようとは考えにくいでしょう。

しかし,以前からお伝えしていますとおり,家賃滞納は3ヵ月以上たまってしまうと以降解消される見込みは低いものです。

まだ3ヵ月と軽くみているとあっというまに半年,1年の滞納になりその物件は大家さんにとってのお荷物資産となってしまいます。

また,滞納問題は長期化すればするほど任意交渉の段階での解決は難しくなります。

しかも,滞納者は長期滞納であればあるほど

「ろくに督促してこない大家にも責任がある」

と開き直りますから感情的な問題も障害となってより解決が遠のくことが多いのです。

このような状況を避けるために,低賃料の物件の滞納問題であっても(依頼するかどうかは別として)一度専門家に相談されてはいかがでしょうか。

昨今は家賃滞納問題についても無料相談を実施している司法書士や弁護士が増えていますので,お住まいの地域でそうした事務所を探すのもそれほど困難ではないでしょう。

当相談室でも,

「対処法が分かって助かった」

「この先どうしようと不安だったが楽になった」

などのお言葉を頂くことがあります。

相談のみで解決の見通しが立つということもありますから,滞納問題を抱えていらっしゃる大家さんはぜひ一度無料相談をご利用ください。