当相談室では,家賃回収のみのご依頼に関しては,ご依頼時に,実費等を含めて全く費用を頂かずに承っています。

滞納家賃の回収を司法書士や弁護士に依頼すると,回収できるかどうかが不明にも関わらず10万円程度の着手金がかかり,大家さんは費用倒れのリスクを負うのが通常ですが,当相談室へのご依頼の場合はその心配は無用です。

家賃の回収が出来ない場合には報酬は発生致しませんので,ぜひお気軽にご相談,ご依頼ください。

また,家賃回収のみのご依頼については,当相談室の所在する東京やその近県のみならず日本全国に対応しております。

家賃の回収は,司法書士等の専門家名での書面送付や電話連絡によることで,相手方に対して心理的なプレッシャーを与え,その結果ご自身で対応されるよりも早期かつ有利な解決が図れることがあります。

また,専門家が介入したことにより,滞納解消後も以後は滞納が起こりにくくなるというメリットもあります。

家賃滞納は問題を先送りにすればするほど深刻な問題と化していき,適正に対処していれば解決可能だったものでも,対応を誤ったことにより訴訟に発展してしまい,過大な費用負担が生じるなどのデメリットを生みます。

ぜひ,滞納が2カ月程度のうちに,専門家にご依頼いただき,早期に問題解決を図ってはいかがでしょうか。

なお,遠方の大家さん・管理会社様の場合はお電話にてご相談を承りますが,近県の方の場合はご来所又は当方からの出張ご相談も承ります。