皆さんは入居者が何故家賃滞納をするのかを正確に理解していますか?

忙しくて振込みに行く時間が取れないとかただ忘れてただけなどと言い訳する人もいますが,やはり一番の滞納の理由は「お金がない」からです。

では,何故お金がないのかについてしっかりと突き詰めていますか?

今は手持ちがないので支払えないです,すみません・・・と丁寧に謝罪されるとそれ以上は追及出来ないと言う大家さんは多いですがここでしっかり話し合っておかないとあとで手痛い目に遭うことになります。

滞納者がいう支払出来ないという状況は,単純に一銭もなく収入もないというわけではありません。

収入に比して支出が過大であるために,手もとに残る資金が不足し,家賃分が払えないのです。

そしてその支出とは何かというと,消費者金融,カードローンの支払い,パチンコ,スロットへの浪費,その他過分な飲食費,遊興費であることが多いです。

ということは,その支出を抑えたり,少なくとも家賃を優先的に払うようにして,その余剰金を他の支出に充ててもらえば家賃滞納は起こらないはずです。

ですから,大家さんとしては,

①入居者の収入と支出,その内訳を把握し,
②支出について家賃の優先順位を上げさせる

ことが極めて重要です。

ところが,こうしたことをしっかり話し合わずにおざなりな対応をしてしまうと,滞納者の中では,

ここの大家さんはうるさくない=他の支払いの後でも大丈夫

となってしまい,それが長期滞納に繋がっていくのです。

たった1回,1ヵ月の家賃滞納であっても,その理由についてはしっかりと聞き取りし,再発防止のために釘を刺しておくべきでしょう。

なお,初回の滞納についてあまりにしつこく責任を追及してしまうと別の問題に発展する可能性もありますから,その辺りは程度問題と考えて注意が必要ですね。