滞納を繰り返しては数ヵ月分をまとめて支払って延滞を解消する・・・

こうしたことを繰り返す賃借人はどこにでもいます。

大家さんとしては常にハラハラさせられてストレスがたまるものの,出て行ってもらうほどのことでもないというところでしょう。

しかし,滞納を繰り返すのはルーズな証拠,そしてルーズな人はいずれ長期滞納者に成り代わることが多いもの。

しかも,今までは3ヶ月くらいは溜まっても払ってもらえるから大丈夫と油断させられていた分,長期の滞納問題に発展して苦労させられることになります。

このような状況を防止するため,当相談室では,常習延滞者への対応には訴え提起前の和解の活用をお勧めしています。

訴え提起前の和解(即決和解)とは

訴え提起前の和解とは,即決和解とも呼ばれる裁判所を通した和解手続きです。

裁判所を通さず和解をした場合は,その内容を賃借人が履行しなかったとしても建物を明渡してもらうためには別途訴訟を提起して判決を得なければなりません。

ところが,即決和解により裁判上の和解をした場合,賃料の支払いを履行しなかった場合には建物の明け渡しを要する旨の条項を盛り込んでおけば,通常の裁判を経ずに建物明け渡しの強制執行に進むことができます。

また,賃借人にはそのことを十分理解して頂いた上で即決和解を組むため,以後の家賃の支払いがしっかりなされることも期待出来ます。

以上のとおり,賃料滞納の常習者には即決和解の申立てが極めて有効です。

当相談室では,滞納家賃の回収を着手金無料で行うとともに,大家さんのご希望により即決和解の申立ても行っています。

ご興味がおありの方はぜひご相談ください。