家賃滞納が発覚したらまずやるべきことは

久々に通帳記帳をしに行ったら借主さんから家賃が3ヶ月も入っていない!

本業の片手間に賃貸物件オーナーをなさっている方にありがちなことです。

こうした場合は,まず,物件に足を運んでみることをお勧めします。

なぜなら,長期に亘り滞納されている場合は,単にお金がないから支払えないという理由の滞納ではない可能性があるからです。

場合によっては物件内で倒れていることや最悪の場合亡くなっているということも十分ありえます。

倒れている場合は早期に発見してあげることにより一命を取り留める可能性もありますし,死亡してしまっている場合でも,腐乱してしまう前に適切に対処してあげることが望ましいでしょう。

また,上記のような緊急時ではなくとも,賃借人と顔を合わせて話し合ったほうが滞納問題は解決に向かいやすいものです。

 

滞納者との話し合いの場を持つことができたら

まずは家賃滞納を引き起こした原因をしっかりと突き詰めましょう。

今度の給料日に払いますなどという言葉を真に受けてしまい,滞納の原因に目を向けないと,その賃借人はまた繰り返し家賃を滞納します。

・家賃滞納の直接の原因は何か

・収入が減っていたりしないか

・ギャンブルや遊興費の過度な支出はないか

・消費者金融やヤミ金融などの借金はないか

などなど,これを機会にしっかりと聞き取りをしておきましょう。

こうした過程で,勤務先が変わっていることが発覚して新たな勤務先を聞き出すことが出来るなど,家賃債権の保全を図れる場合があります。

また,聞き取りの結果収入に比して支出が過度になっているようなときには,すぐに連帯保証人に支払を求める等適切な対処を執ることができます。

さらにいえば,ヤミ金融などと付き合いがある場合は,ヤミ金融から近隣に対し嫌がらせがある等の懸念がありますので任意の退去を求めたり,専門家に依頼させる等の判断が必要です。

そして,支払いに関しては,いついつまでに何年何月から何月までの家賃として何円を必ず支払うという内容の念書を差し入れてもらうべきでしょう。

何の書面の取り交わしもなく待ってしまうと,いざ訴訟にまで発展して争うことになった場合に,請求は一切受けていなかったから支払わなかったなどと反論されることがあります。

連帯保証人に連絡するタイミングは?

基本的には滞納が発覚した時点で直ちに連絡することが望ましいといえます。

何ヵ月も家賃がたまった末に連絡したのでは,「何故もっと早く教えてくれなかったのだ」と詰問されてトラブルになることがあるからです。

ただし,賃借人が連帯保証人にはどうしても連絡して欲しくないという様子の場合は敢えて連絡しないのもひとつの手です。

連帯保証人に連絡されたくない一心でしっかりお金を用意してくれる可能性があるからです。