親が管理していた不動産を相続したら数ヵ月に及ぶ家賃滞納が発覚した・・・。

良くあるトラブル事例のひとつです。

延滞癖のある借主は,大家さんからの督促があれば渋々支払うものの,何の連絡もなければこれ幸いと支払を怠るものです。

また,数ヵ月滞納の後に督促を開始しても,賃借人がこれまでの家賃をプールしているということはほぼあり得ず,すぐに延滞を解消させることは困難です。

こうした事態が起こってしまったら,残念ながら自力での解決は難しい状況といえるでしょう。

当相談室では,このような相続後の家賃滞納事案も積極的にお引き受けしています。

司法書士へのご相談になりますから,家賃滞納問題の解決に併せて相続登記のご依頼を頂くことも可能です。

相続絡みの案件では,賃貸借契約書が見当たらなかったり,資料が集まらないようなことが往々にしてありますが,それでも問題ありません。

せっかく相続により引き継いだ財産なのですから,早期に滞納問題を解消して有効に活用していただきたいものです。

なお,建物明け渡し関連と相続登記を併せてご依頼頂いた場合は,相続登記の報酬額は通常より減額してお引き受けしております。

ご興味がおありの方はぜひお問い合わせください。